おすすめの海外旅行先ってどこ?人気ランキングと旅の計画〜準備に役立つ情報が満載です!

トップ > 国と都市一覧 > 台北

旅行先選びに役立つ台北旅行ガイド

台北は、台湾の政治・経済・文化の中心地ですが、その歴史は300年余りと浅く、1960年代から急速な発展を遂げました。市内には世界四大博物館の1つである国立故宮博物院や、パワースポットとして有名な龍山寺など数々の観光スポットがあります。士林夜市をはじめ約12ある夜市の屋台は連日お祭り騒ぎで、有名な足つぼマッサージや中国茶なども見逃せません。

ちょっと足を延ばして、千と千尋の神隠しのモデルになったとも言われるノスタルジックな町「仇分」や美しい夕日が見られることで有名な「淡水」などの近郊都市1日観光もおすすめ。気軽に行け、温暖な気候のため、週末の海外旅行先として人気が高いです。

台北の評価チャート:観光3 交通4 グルメ5 治安5 物価3 ショッピング4 観光:
交通:
グルメ:
治安:
物価:
ショッピング:

台北のおすすめ観光スポット

国立故宮博物院 士林夜市 中正紀念堂
龍山寺 台湾総督府 台北101

台北とおすすめ都市の地図

台北の旅行情報

国名 台湾  【台北高雄
首都 台北
言語 中国語(北京語・福建語) ※ホテルや観光地では日本語が通じることも多い。
宗教 仏教、道教、キリスト教など。
通貨レート 1 台湾ドル(TWD)= 約3.3円
チップの有無 基本的に不要。
パスポート 残存有効期限が入国時3ヵ月以上必要。
ビザ 90日以内の観光はビザ不要。
電圧・コンセント 110VでA型(日本と同じ)。
時差 日本より1時間遅れている(-1時間)。
治安 危険情報は出ていません。 外務省 海外安全情報

台北へのフライト・直行便

直行便 東京/成田 JAL、ANA、チャイナエアライン、エバー航空、トランスアジア航空、キャセイパシフィック航空、デルタ航空、バニラエア(LCC)、ジェットスター(LCC)、タイガーエア(LCC)、スクート(LCC)
東京/羽田 JAL、ANA、チャイナエアライン、エバー航空、ピーチ(LCC)、タイガーエア(LCC)
大阪/関空 JAL、ANA、チャイナエアライン、エバー航空、トランスアジア航空、キャセイパシフィック航空、フィリピン航空、ピーチ(LCC)、バニラエア(LCC)、ジェットスター(LCC)、タイガーエア(LCC)
名古屋/中部 JAL、チャイナエアライン、キャセイパシフィック航空、ジェットスター(LCC)、タイガーエア(LCC)
福岡 チャイナエアライン、エバー航空、キャセイパシフィック航空、タイガーエア(LCC)
札幌 チャイナエアライン、エバー航空、トランスアジア航空、スクート(LCC、2016/10/1より就航)
仙台 エバー航空、トランスアジア航空、タイガーエア(LCC)
他の都市 旭川・函館・静岡・富山・小松・広島・岡山・高松・宮崎・鹿児島・沖縄・石垣島
フライト時間 東京から直行便で3時間半が目安。

空港から市内へのアクセス

台北には、桃園国際空港と台北松山空港があります。日本からの主な便は、台北郊外にある桃園国際空港からの発着です。空港から市内へのアクセスは、現在のところ地下鉄はありませんので、バスまたはタクシーでの移動となります。松山空港は、羽田空港からの便(LCCを除く)を利用した際の発着空港で、台北市内にあるので観光に便利です。

桃園国際空港  台北の西南、約40kmの桃園に位置する空港。
バス 空港バス 台北まで約70分。
タクシー 台北まで約60分。
空港送迎 オプショナルツアーのVELTRAiconは、現地スタッフが日本語で対応・空港送迎してくれます。
台北松山空港  市内、北東部に位置する空港。
電車 地下鉄(MRT) 台北駅まで約20分。
タクシー 台北駅まで約60分。

台北の主な交通機関

現地での移動は、リーズナブルなメーター制タクシーか、観光スポットをほぼ網羅している地下鉄が便利。

電車 台湾高速鉄道 台湾の新幹線。台北〜高雄間を約90分で結ぶ。
台湾鉄道 隣町の基隆などへ行く際に利用。
地下鉄(MRT) 5路線運行、他2路線建設中。市内移動に便利。
バス 市内バス 旅行者にはおすすめしません。
タクシー 料金は日本の1/3が目安。黄色のタクシーがおすすめ。

台北 / 台湾旅行に役立つ予約サイト

スポンサーリンク

[台北を見た人におすすめの都市・エリア]
高雄 【台湾】  ソウル 【韓国】  香港 【香港】

スポンサーリンク