おすすめの海外旅行先ってどこ?人気ランキングと旅の計画〜準備に役立つ情報が満載です!

トップ > 夏休み・お盆休みランキング

夏休み・お盆休みにイチオシの海外旅行先ランキング

7月と8月頃にベストシーズンを迎える、夏休み・お盆休みの海外旅行におすすめの行き先を紹介します。この時期は、日本と同じく旅行のベストシーズンにあたる都市が多いため、年間で最も海外旅行へ出掛ける人が多い季節となります。

1位のハワイと7位のロサンゼルスは、温暖で湿度が低いため1年中ベストシーズンと言われています。乾季にあたるバリ島・シンガポール・コタキナバルは、子連れでも楽しめる旅行先です。日本と同じく夏を迎えるソウルは、旅行価格が高騰するお盆でも格安に旅できるのが魅力でしょう。パリやロンドンなど、ヨーロッパ方面は湿度が低いのでカラリとした暑い季節となります。

定番のグアム・香港・台北は、夏休みに人気のある旅行先の一つですが、気候的にベストシーズンではないためランキングに入っていません。せっかくの休暇ですから、お天気に恵まれたところへ旅行してみてはいかがでしょうか?

1位 ホノルル 【ハワイ】 
お盆のハワイ旅行は争奪戦なのでお早めに
年1年中ベストシーズンと言われるハワイですが、春〜夏の乾季が特におすすめの季節となります!お正月は雨季なので、お盆の方が旅行に適しています。お盆時期のハワイ行き格安航空券や安いツアーの予約は、半年〜1年前から競争が始まります。早めに予約して、思いっきりバカンスを楽しみましょう。
2位 バリ島 【インドネシア】 
雨が少なくお盆でもお財布に優しい旅行先
乾季と雨季に分かれているので、雨の少ない5〜10月が快適に過ごせる時期となります。物価の安いバリ島なら航空券代が高くても、現地での滞在費用を抑えられるのが魅力でしょう!海リゾートでアクティブに、山リゾートでのんびりと、好みに合わせて滞在エリアを選べるところが人気の理由です。
3位 ソウル 【韓国】 
気候が似ているので国内旅行の感覚で楽しめる
ソウルは日本と同じく四季があり、春〜秋が観光に適したシーズンとなります。安・近・短旅行の代表格なので、旅費が高騰するお盆時期でも安く気軽に旅できるのが魅力でしょう!わずか2時間半のフライトなので、観光・グルメ・ショッピング・エステなどが国内旅行の感覚で丸ごと楽しめます。
4位 シンガポール 【シンガポール】 
1年中ベストシーズンの熱帯雨林気候
高温多湿な気候のため、1年中ベストシーズンと言われてるのがシンガポールです。万が一スコールが降っても雨宿りの場所に困ることはないですが、折り畳み傘があると安心かもしれませんね。誰でも楽しめる動物園やテーマパークなどがたくさんあり、グルメ・ショッピングも満喫できる旅行先です!
5位 パリ 【フランス】 
湿度が低いので真夏でも爽やかな暑さ
冬のパリは寒いので、快適に過ごせる春〜秋がベストシーズンです。湿度が低いため、夏でもカラリとした爽やかな暑さです。夏のヨーロッパ旅行は人気が高く、安い航空券やツアーから先に売れてしまいます。早めに予約して、憧れの世界遺産ヴェルサイユ宮殿やモンサンミッシェルを見に行きましょう!
スポンサーリンク

6位 コタキナバル 【マレーシア】 
年中ベストシーズンの森とビーチのリゾート
コタキナバルはシンガポールと同じく高温多湿な気候のため、1年中ベストシーズンと言われています。もしスコールが降っても、すぐにやんで晴れるでしょう。ビーチと熱帯雨林のジャングルが両方楽しめるリゾート地です。オランウータン保護区や野生動物を観察するリバーサファリも人気があります!
7位 ロサンゼルス 【アメリカ】 
セレブも気に入るほど爽やかで暖かい気候
ロサンゼルスは湿度が低く温暖な気候のため、年間を通してベストシーズンと言われています。真夏でもそれほど気温は高くないので、爽やかな暑さでしょう。映画のハリウッドで有名なエンターテイメントの街なので、ユニバーサルスタジオなどテーマパークも揃っていて誰でも楽しめる旅行先です!
8位 ウィーン 【オーストリア】 
大陸性気候のため1日の寒暖差が激しい
音楽の都ウィーンは、暖かくなる5〜9月がベストシーズンとなります。夏でも日によっては1日の気温差が10〜20℃もあるので、体温調節のしやすい服装にするのがおすすめです。シェーンブルン宮殿をはじめとした中世の雰囲気漂う街は、隣国のプラハやブダペストと一緒に訪れるのも良いでしょう。
9位 ロンドン 【イギリス】 
日本と違い湿気は少ないが日差しが強い
北海道よりも北にあるロンドンですが、海流の影響で比較的温暖な土地と言えます。春は天気がコロコロと変わりやすく、冬はかなり寒いので夏〜秋が観光におすすめのシーズンです。夏でも湿度が低くカラリとした暑さなので過ごしやすいですが、日差しは強いので日焼けや熱中症対策が必要でしょう。
10位 バンコク 【タイ】 
雨季の中でも比較的過ごしやすいシーズン
バンコクは乾季が11〜3月、雨季が4〜10月という南国特有の気候です。4〜6月は酷暑期、9〜10月は年間で最も雨が多いシーズンとなります。夏休み頃の7〜8月は雨季にあたるのですが、比較的快適に過ごせる時期なのでおすすめです。何かと出費が多い季節なので、物価が安いアジアは魅力ですね!
スポンサーリンク

スポンサーリンク