おすすめの海外旅行先ってどこ?人気ランキングと旅の計画〜準備に役立つ情報が満載です!

トップ > 海外旅行で困らないお金の持ち方

海外旅行で困らないために!お金の持ち方徹底比較

海外旅行へ出掛ける際、どのようにお金を持っていくのか悩みますよね。旅行スタイル・期間によって、おすすめのお金の持ち方は変わります。 当サイトでは、「現金」「クレジットカード」「国際キャッシュカード / トラベルプリペイドカード」の3つの支払い手段を比較しました。 安全面や両替手数料、レートの良さ、管理のしやすさを踏まえてお金を準備しましょう。支払い手段を組み合わせ分散するのが、安全に旅行するポイントです。

※安全性が高いことで有名だったトラベラーズチェック(TC)は、クレジットカード・国際キャッシュカードの人気に押され、2014年3月をもって日本国内での販売が全て終了しました。手持ちの分は従来通り世界中で使用できます。

クレジットカード(ショッピング・キャッシング)

海外旅行へ出掛ける際は、クレジットカードが必需品です。できれば2枚持っていくことをおすすめします。アメリカやヨーロッパ方面ではクレジットカード普及率が高く、ホテルの宿泊時などに身分証明書の提示を求められることがあり「信用の証」として役割を果たします。またショッピング時の支払いだけでなく、キャッシングも便利です。現金を両替するよりもレートが良く、翌月の返済であれば金利もあまりかかりません。クレジットカードを持ってない方・現金派の方も、最低1枚は準備をしましょう。

クレジットカードが2枚必要な理由

  1. 紛失や盗難でなくしてしまうケースがある。
  2. 機械によっては、クレジットカードの読み取りができないこともある。
  3. 限度額が超えてしまい利用できないこともある。
  4. 海外旅行保険付きのクレジットカードは、カードを複数枚持っていると補償額の上限が合算される。※死亡保障については、複数枚のカードのうち限度額の最も高い金額になります。
  5. ブランド(VISA、MASTER、JCBなど)によっては利用できないところがあるので、複数のブランドを用意すると困らない。

海外でのクレジットカード利用で注意しなければならないこと

  • サインや暗証番号入力前に、金額の確認をすること。
  • 「お客様控え」は必ず保管すること。
  • 帰国後、カード会社から届いた利用明細書と照合すること。
  • 紛失や盗難にあった際は、速やかにカード会社へ連絡すること。
  • カード裏面にサインをしておくこと。
【 おすすめ度: 短期〜長期旅行向き 】
手数料 通常1.6%程度
種類 VISA、MASTER、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブ
【 メリットとデメリット 】
ここが○ 紛失や盗難にあった場合も安全性が高い。本人に過失がなければ補償されます。
2か国以上の国を旅行する場合、各国の通貨を準備する必要がない。
《ショッピングの場合》手数料が一番安く、レートが良い。
《ショッピングの場合》外貨を余してしまうことがない。
《ショッピングの場合》両替をする手間が省ける。
《キャッシングの場合》実は現金を両替するより手数料が安い。通常金利は年率18%程度ですが、翌月の返済で1.5%とお得です。
ここが× カード申し込み時の審査が通らないこともある。
スキミングなどカード犯罪にあう危険性がある。
《ショッピングの場合》途上国や小都市では、利用できる店舗は限られてくる。
《キャッシングの場合》返済の延滞に注意しなければならない。

お得度が高いのは…
1位 クレジットカードでショッピング
2位 クレジットカードでキャッシング
3位 国際キャッシュカード / トラベルプリペイドカード
4位 現金

国際キャッシュカード / トラベルプリペイドカード

日本の銀行口座に預け入れしたお金(日本円)を、海外のATMで現地通貨として引き出せるカード。 国際キャッシュカードもトラベルプリペイドカードも基本的には同じですが、国際キャッシュカードは銀行が発行するカードで、トラベルプリペイドカードは海外旅行に特化したカードです。日本にいる時と同じ感覚でATMから現地通貨を引き出せます。 多額の現金を持ち歩く必要がなく安全性が高いので、利用する人が増えています。
おすすめの国際キャッシュカード比較ランキングも参考にしてみよう。

国際キャッシュカードをおすすめする理由

  1. 多額の現金を持ち歩く必要がないので、安全性が高い。
  2. 1万円を引出した際の手数料は、300〜600円程度です。他の両替手段と比べて、同額〜300円程度の差額にしかなりません。
  3. お金の一点集中管理は危険なので、いざというときのリスク分散になる。
  4. 現金の紛失や盗難・カードの限度額が超えた場合など万が一の場合、日本から送金してもらえるので安心。

一般的に国際キャッシュカードは手数料が高いと言われていますが、当サイトでは「安全をお金で買う」という点でおすすめしています。手数料数百円を惜しんだばかりに、盗難やスリの被害にあってはせっかくの旅行も台無しに。国際キャッシュカードも1枚準備することをおすすめします。

【 おすすめ度: 中・長期旅行や留学向き 】
手数料 通常3〜4%程度
種類 VISAカード系のPlus(プラス)とMASTERカード系のCirrus(シーラス)
【 メリットとデメリット 】
ここが○ 基本的にカード発行の入会審査がないので、加入が簡単。
カード会社によっては、未成年や学生でも加入できる。
紛失や盗難にあった場合も、利用停止できるので安全性が高い。
2か国以上の国を旅行する場合、各国の通貨を準備する必要がない。
預入れした金額の範囲内の利用なので、使いすぎの心配がない。
海外ATMは24時間利用できるところが多いので便利。
ここが× 他の支払い手段に比べて、手数料がやや割高。
現地のATMを利用するのが不安。
途上国や小都市では、ATMが少ないケースも多い。
誤操作などで、キャッシュカードが機械に飲み込まれて出てこないこともある。

安全面で考えると…
1位 国際キャッシュカード / トラベルプリペイドカード
2位 クレジットカード
3位 現金

現金(USドル・ユーロ・現地通貨)

一番使い勝手が良いので、他の支払い手段と併用して必要な分だけを持ち歩くのがおすすめです。高額紙幣を受け取ってもらえないケースやチップのことを考えて、金額の小さい紙幣も用意しておくと便利です。また、1,000円札は現地で少しだけ両替が必要になった際に役立ちます。

【 おすすめ度: 短期旅行向き 】
手数料 通常2〜4%程度
種類 主要通貨
USドル・ユーロは、基本的に日本で両替
していくとレートが良いです。また、複数の国を旅行する場合に適してます。
現地通貨
流通量の少ない、マイナーな現地通貨は現地での両替がおすすめ。事前に日本で両替していくとレートが悪いです。
レートの良い順番から、1.現地の両替所 2.現地の銀行 3.現地の空港 
4.現地のホテル 5.日本の銀行・空港
【 メリットとデメリット 】
ここが○ 現地通貨であればどこでも利用できる。
いつでもスムーズに支払いができる。
ここが× 紛失・盗難にあった場合、当然保障がゼロ。
使い残した現地通貨を、日本円に再両替するとさらに手数料がかかる。

利便性が高いのは…
1位 現金
2位 クレジットカード
3位 国際キャッシュカード / トラベルプリペイドカード

スポンサーリンク

スポンサーリンク