おすすめの海外旅行先ってどこ?人気ランキングと旅の計画〜準備に役立つ情報が満載です!

トップ > 都市一覧 > クアラルンプール

旅行先選びに役立つクアラルンプール旅行ガイド

マレーシアの首都クアラルンプールは、東南アジア有数の近代都市です。新旧の建築物が混在し調和したアジアの魅力あふれる街並みと、多民族文化が混ざり合ってエキゾチックな雰囲気が魅力。

KTMコミューターやLRTなどの公共交通を利用すれば、安く便利に市内観光することができます。街が清潔で治安がいいことも人気の要因です。 ランドマークのペトロナス・ツインタワーや大型ショッピングセンターでの買い物、屋台グルメの食べ歩きなどシティライフを満喫できます。 豪華ホテルも比較的手ごろな価格で宿泊可能なので、優雅にスパやエステも楽しめます。

日程の取れる方は、ビーチが楽しいペナン島やショッピングに嬉しい免税の島ランカウイ島など、都会と自然の組み合わせがおすすめ。 他にも、赤い古都「マラッカ」、高原リゾートの「キャメロンハイランド」、手つかずの大自然「ボルネオ島」などバラエティに富んだ滞在を楽しめるのが魅力です。

クアラルンプールの評価チャート:観光2 交通4 グルメ3 治安3 物価4 ショッピング4 観光:
交通:
グルメ:
治安:
物価:
ショッピング:

クアラルンプールのおすすめ観光スポット・世界遺産

古都マラッカ
【世界遺産】
国立モスク ブキッビンタン エリア
ペトロナスツインタワー KLタワー バトゥ洞窟

クアラルンプールとおすすめ都市の地図

クアラルンプールの旅行情報

国名 マレーシア【クアラルンプールコタキナバルペナン島ランカウイ島
首都 クアラルンプール
言語 マレー語(公用語)・英語・中国語
宗教 イスラム教(国教)、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教など。
通貨レート 1 リンギット(MYR) = 約26円
チップの有無 基本的に不要。
パスポート 残存有効期限が入国時6ヵ月以上で、旅券の余白が2ページ以上必要。
ビザ 90日以内の観光はビザ不要。
電圧・コンセント 220V/240VでBF型。
時差 日本より1時間遅れている(-1時間)。
治安 危険情報は出ていません。 外務省 海外安全情報

クアラルンプールへのフライト・直行便

直行便 東京/成田 JAL、ANA(※2015/9/1より就航)、マレーシア航空
東京/羽田 ANA(※2016/10/30より就航)、エアアジアX(LCC)
大阪/関空 マレーシア航空、エアアジアX(LCC)
札幌 エアアジアX(LCC)※2015/10/1より就航
フライト時間 東京から直行便で7時間半が目安。

空港から市内へのアクセス

空港から市内へのアクセスは、タクシーが便利です。電車とバスは、市中心部から少し離れたKLセントラル駅までしか行きません。

クアラルンプール国際空港(KLIA)  市内の南、約75kmに位置する東南アジアのハブ空港。
電車 KLIAエクスプレス 市内まで特急列車約28分、普通列車約36分。
バス エアポートバス 市内まで約60分。
タクシー 市内まで約60分。

クアラルンプールの主な交通機関

現地での移動は、比較的容易にできます。公共交通機関は、アジアの中では発達している都市です。

電車 LRT 3路線運行。市内主要スポットを結んでいる高架鉄道。
KLモノレール 市内1路線運行。中心部とKLセントラル駅を結ぶ。
KTMコミューター 2路線運行。市内と近郊都市を結ぶ鉄道。
バス 市内バス 旅行者にはおすすめしません。
タクシー ほとんどがメーター制のタクシー。

クアラルンプール / マレーシア旅行に役立つ予約サイト

スポンサーリンク

[クアラルンプールを見た人におすすめの都市・エリア]
ペナン島 【マレーシア】  ランカウイ島 【マレーシア】  シンガポール 【シンガポール】

スポンサーリンク