おすすめの海外旅行先ってどこ?人気ランキングと旅の計画〜準備に役立つ情報が満載です!

トップ > 世界遺産・歴史旅ランキング

世界遺産の宝庫!歴史を感じる海外旅行先ランキング

歴史や遺跡・世界遺産が好きな方におすすめする海外旅行の行き先を紹介します。歴史が長く世界遺産も多いヨーロッパと、壮大な古代遺跡の残る都市がランクインしました。

1位と2位は古代ローマ時代からの中心地であった、ローマとイスタンブールになります!中世の街並みを残す、音楽の都ウィーンと芸術の都フィレンツェも人気が高いです。アンコールワットがあるシェムリアップと万里の長城で有名な北京は、他の都市に比べて短期間・低予算で行けるのが魅力です。日程や予算に余裕がある方は、メキシコやペルーといった古代遺跡がある中南米の国もおすすめです。

1位 ローマ 【イタリア】 
三千年の歴史を誇る「永遠の都」
古代ローマ帝国の中心地であったローマは遺跡が多く残る街です。円形闘技場のコロッセオや政治の中枢だったフォロロマーノのあるエリアは、特に遺跡が集中しています。完璧な状態で現存する神殿パンテオン、カトリックの総本山サンピエトロ大聖堂、世界有数の美術品が集まるバチカン美術館も見逃せません!
2位 イスタンブール 【トルコ】 
二千年の歴史を持つ東西文明の十字路
アジアとヨーロッパ大陸にまたがるイスタンブールは、ローマ・ビザンチン・オスマンと三大帝国の首都だった街です。アヤソフィアや貯水池の地下宮殿、ヴァレンス水道橋や競技場のヒッポドロームなど古代ローマ遺跡が多く残っています。オスマン帝国の繁栄ぶりが伺えるトプカプ宮殿やブルーモスクも必見です!
3位 シェムリアップ 【カンボジア】 
美しく荘厳な世界遺産アンコールワットの街
シェムリアップはクメール王朝時代に造られたアンコール遺跡群の観光拠点となる街です。遺跡群の中で最も有名なのが、密林の中にそびえ立つアンコールワットです。12世紀に建てられたヒンドゥー教寺院で、神々の像や繊細なレリーフが神秘的です。四面に菩薩像の彫られた塔があるバイヨン寺院も必見です!
4位 ウィーン 【オーストリア】 
ヨーロッパ随一の名家ハプスブルク家の都
ウィーンは13世紀から700年間に渡ってヨーロッパに君臨したハプスブルク家のもとで繁栄した街です。夏の離宮シェーンブルン宮殿や皇帝の住居だったホーフブルク宮殿など豪華絢爛な建物が残っています!またモーツァルトやベートーベンを輩出した街で、国立オペラ座など音楽関連スポットも多いです。
5位 フィレンツェ 【イタリア】 
天井のない美術館と呼ばれる美しい街
フィレンツェは14世紀にルネッサンスが開花した芸術の都です。当時繁栄を極めていたメディチ家はミケランジェロやレオナルドダヴィンチら多くの芸術家を支援し、文化発展に大きく貢献しました。名画の宝庫であるウフィッツィ美術館、ヴェッキオ宮などメディチ家ゆかりのスポットが多く残っています。
スポンサーリンク

6位 北京 【中国】 
アジア随一の世界遺産数を誇る都市
千年以上の歴史を持つ北京は、明・清時代からの建築物を数多く残す都です。万里の長城は秦の始皇帝時代に異民族の侵入を防ぐため建設されたのが始まりで、全長は8800キロ以上におよびます。皇帝の居城だった故宮博物院や離宮庭園の頤和園、歴代皇帝の陵墓である明の十三陵など世界遺産の宝庫です。
7位 メキシコシティ 【メキシコ】 
アステカ帝国の都が眠る神秘の街
メキシコシティは14〜16世紀頃にアステカ帝国が栄え、その後スペインによって統治された歴史を持つ都市です。街にはアステカ遺跡のテンプロマヨールがあり、統治時代のコロニアル建築と融合した景観を見ることができます。近郊には月と太陽のピラミッドがある古代都市テオティワカン遺跡もあります。
8位 ペルー(マチュピチュ) 【ペルー】 
南米最大の帝国であったインカの国
12世紀頃インカ帝国の都として栄えたクスコは、カミソリの刃一枚も通さぬと言われるほど精巧な石組み建築が残る街です。一番人気の観光地である天空都市マチュピチュ遺跡もインカ帝国によって造られました。また紀元前に描かれたとされる幾何学模様や動植物がモチーフのナスカの地上絵もあります。
9位 デリー 【インド】 
五千年の歴史感じる喧噪と混沌の国
デリーは様々な王朝の首都として栄えた街で、奴隷王朝が造ったイスラム遺跡のクトゥブミナールやムガル帝国の城塞レッドフォートが残っています。近郊のアグラには、ムガル帝国の3代皇帝アクバルが造った居城のアグラ城、5代皇帝シャージャハーンが妃のために造ったタージマハールがあります。
10位 ベルリン 【ドイツ】 
激動の歴史が刻み込まれたドイツの都
東西冷戦に翻弄された悲しい歴史を持つベルリンは、1989年に起こったベルリンの壁崩壊であまりにも有名な都市です。ブランデンブルク門は東西分裂のシンボルとなっています。またナチスドイツの首都であったため、ホロコースト記念碑や郊外のザクセンハウゼン強制収容所など負の遺産も残されています。
スポンサーリンク

スポンサーリンク