おすすめの海外旅行先ってどこ?人気ランキングと旅の計画〜準備に役立つ情報が満載です!

トップ > グルメ旅ランキング

世界の美食タウン!グルメを堪能できる海外旅行先ランキング

海外旅行の楽しみの一つといえば美味しい食事ですよね。このページではグルメ旅を堪能できるおすすめの行き先を紹介します。グルメ自慢のヨーロッパの都市と、B級グルメの食べ歩きができるアジア都市が多くランクインしました。

1位と8位にランクインしたイタリアでは、ピザやパスタ・生ハム・チーズ・ワインなど日本でもおなじみのメニューが味わえます。スペインとポルトガル料理は魚介類を用いるメニューが多いので、日本人の口に合いやすいと言われています。スイーツを楽しむなら、チョコレートが名産のベルギーとお菓子好きの国民が多いポルトガルもおすすめです!韓国と台湾では、安くて美味しいB級グルメの食べ歩きができます。

1位 ナポリ(南イタリア) 【イタリア】 
モチモチとした厚手生地のピザは絶品
ピッツァの本場であるナポリは、おなじみのマルゲリータピザ発祥の地です。パイ生地の中にリコッタチーズが入ったスフォリアテッレ、ラム酒シロップに浸した焼き菓子ババ、エスプレッソコーヒーもナポリ発祥です。港町ならではの新鮮な魚介料理、特産のレモンで作ったお酒リモンチェッロも堪能できます。
2位 ブリュッセル 【ベルギー】 
ヨーロッパでも屈指の美食タウン
美食大国であるベルギーの首都ブリュッセルには、グルメをうならせるレストランが多くあります。ムール貝や小エビなどの魚介類、狩猟で獲れたイノシシや鹿などのジビエ料理といった海と山の幸が豊富に味わえます。本場のベルギービールやワッフル、ゴディバなど王室御用達のチョコレートも絶品です。
3位 台北 【台湾】 
台湾名物といえば夜市の屋台街
台北は安くて美味しいB級グルメの宝庫です!台湾一の規模を誇る士林夜市は、毎晩食べ歩きを楽しむ人で賑わっています。肉汁あふれる小龍包、あっさりとした牛肉麺、角切り豚肉丼の魯肉飯、肉まんの胡椒餅などがお腹いっぱい味わえます。お土産には高級珍味のカラスミやパイナップルケーキが人気です。
4位 プサン 【韓国】 
日本人にもなじみ深い料理が味わえる街
港町のプサンは新鮮な海産物の宝庫であるため、首都ソウルとは違ったグルメを堪能できます!タラやフグの鍋、アワビ粥、しじみスープ、海鮮チヂミなど親しみの湧く料理が多いです。プサン名物は豚骨スープのデジクッパッと小麦粉の冷麺ミルミョンになります。また海外では珍しく刺身も味わえます。
5位 バルセロナ 【スペイン】 
日本人の口にも合うメニューが多い
カタルーニャ地方にあるバルセロナは、海と山の幸に恵まれた土地です。魚介類をふんだんに使い、素材を生かしたシンプルな味付けの料理が多いです。シーフードのパエリアやエスカルゴは絶品です!またスペインには居酒屋のバルで、小皿料理のタパスをつまみながらワインと会話を楽しむ習慣があります。
スポンサーリンク

6位 リスボン 【ポルトガル】 
魚の塩焼きなど日本人の食習慣に似ている
ポルトガル料理は米や魚介類を使うメニューが多く、味付けもシンプルなので日本人も食べやすいものばかりです!国民食であるタラやイワシを使ったメニューが豊富で、タコやイカ・エビをよく食べる点も親近感が湧きます。リスボンには菓子店が多くあり、名物のエッグタルトやプリンなどが味わえます。
7位 香港 【香港】 
世界一の中華料理が味わえる美食の街
香港の名物料理といえば、熱々のシュウマイや肉まん・小籠包・ちまきなどの点心が食べられる飲茶でしょう!ワンタン麺や牛肉麺といったバリエーション豊かな麺料理、地元定番の朝ごはんであるお粥といった親しみの持てるメニューが多いです。マンゴーなど南国フルーツを使ったスイーツも人気があります。
8位 フィレンツェ 【イタリア】 
新鮮な食材をふんだんに使った料理が多い
フィレンツェはオリーブやワインの産地として有名なトスカーナ地方にあるので、季節ごとの旬な食材に恵まれた土地です。名物といえば分厚い骨付きステーキのビステッカ、牛の胃袋煮込みのランプレドットになります。生ハムやチーズをパンに挟んだパニーノ、イノシシ肉のパスタやジェラートも絶品です!
9位 ソウル 【韓国】 
日本でもおなじみとなった韓国料理の本場
ソウルは安くて美味しいグルメがたっぷりと味わえる街です!韓国といえば焼肉・ビビンバ・キムチは欠かせませんね。他にも濃厚な鶏スープのサムゲタン、キムチチゲやスンドゥブチゲなどの鍋料理、冷麺、甘辛のトッポギなど食べやすいメニューばかりです。かき氷にトッピングが乗ったピンスも人気です。
10位 ホーチミン 【ベトナム】 
ヘルシーでシンプルな味付けの料理が多い
ベトナムの名物料理といえば、ダシが効いた米粉麺のフォーです!他にも野菜やエビを包んだ生春巻き、お好み焼きのバインセオなどあっさりしたメニューが多いです。仏植民地時代の名残で、バゲットやコーヒーといった食文化も根付いています。ホーチミンは港町が近いので、魚介類を使った料理も味わえます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク